合宿免許の講習は辛く大変なものでした。

Posted by: admin  :  Category: 体験談

実は私は免許を取ったのは、大学の4回生の2月でした。
これがどういうことかといいますと、就職が決まってかなり追い詰められていた時期でした。
卒論は何とか出したのですが、就職では苦戦して就職先が車必須であったので、ついつい「今講習中で、すぐに取れる」とうそをついたわけです。
しかし通常の講習だと1~2ヶ月かかるわけで、そこで友人と一緒に合宿免許の講習を受けたのです。
そしてここで2週間程で免許を取得したのですが、その道は大変でした。
さて、教習所での講習はどんな感じだったかといいますと、朝早くから強化を受けて、夜遅くまで運転の実習を受けるものですが、結構教官は厳しいので、息が詰まる重いでした。
また1日中やっているわけですから、後半は結構疲労が残って失敗ばかりするのも結構目立ったなあと思います。
しかし、そう聞きますと時間短縮の意味合いしかないように聞こえますが、そんなことはござませんでした。
まず料金は安かったですし、前述のとおり厳しいとはいえ、その分しっかり頭に入りましたし、前述のとおり、オーバーワークで運転することの大変さを学び、それによって、実際の運転では安全運転と休養のバランスとりに力を入れるようになったので、10年は無事故無違反というのは誇りです。
ですから、私はこうしたしっかりしたところで勉強することをおすすめしたいと思うのです。
さあ、皆さんも内容が詰まった教習所で、しっかりと学んでいこうではありませんか。